レンタルセレクション Q&A
ウエディングQ&A
ドレスにはどんな形があるのでしょう

ドレスはシルエットによって、それぞれイメージが異なります。
自分のイメージや体型にピッタリ合うドレスを選ぶためにも、
その基本となるシルエットは押さえておきたいポイント。

Aライン

上半身が細く高めのウエストから裾にかけて広がるナチュラルな、アルファベットのAのようなラインが特徴。背を高くスタイルよく見せる効果あり。

プリンセスライン

ふんわり広がったボリュームあるスカートが特徴で、華やかな雰囲気が魅力的。スカートの下にはくパニエでそのボリュームを調節できる。

スレンダーライン

ボディラインに沿った細めのシルエットが特徴的。エレガントで優雅な印象を与えるラインは、背の高い人におすすめ。

マーメイドライン

身体にフィットしたドレスのひざ下あたりから広がる裾が描くラインは、まるで人魚のよう。女性らしさを引き立てる優美さが特徴。

ベルライン

細く絞られたウエストから裾にむかってボリュームをもたせた華やかなラインが特徴。そのベルのようなシルエットは体型を問わず着こなせます。

どんな素材があるのですか

素材によってもドレスのイメージはそれぞれ異なります。どんな素材があるのか、その基本をご紹介。

オーガンジー

光沢や張りのある、軽くて薄い透明感ある素材。ベールやシースルー部分、スカートに重ねるなどドレスによく用いられます。

サテン(シルクサテン)

シルクをはじめ、なめらかで光沢のある素材。ボリュームのある厚めの生地は、ゴージャスで気品あふれるドレスを演出。

シャンタン

光沢を抑えた、クラシカルで落ち着いたイメージの素材。シックな雰囲気で上品で気品ある仕上がりに。

チュール

とても細かいメッシュ状の素材。スカートに重ねるなど、ボリュームを出しドレスをよりゴージャスな雰囲気に。

ページトップへ